【首都圏版】俺のトラック高く買え! ウイング・冷凍・バン買取業者をランキング!!
俺のトラック高く買え!買取業者ランキング!! » 運送業者必見!損しないトラック売買術 » 買取業者との交渉術

買取業者との交渉術

トラックを売るときは、当然ながらできるだけ高値で買取をしてもらいたいものだ。そのためには、こちらも交渉のテクニックを使う必要がある。

相手はプロだからと言いなりになっていては、満足できる金額での買取はあり得ないと考えて欲しい。

より高値で買い取ってもらうための業者との交渉術を解説しよう。

トラックを高額買取してもらうための交渉術 3つのポイント

交渉のポイントは大きく分けて3つ。この3つさえ押さえておけば、初めての人でも自信を持って交渉できるだろう。

1、トラックの外見を整える

高額査定をしてもらうには、そのトラックを売り込まなければいけない。長年使い込んだトラックでも、綺麗にしておくことで「大切に乗られているトラック」という印象を与えることができる。

内装を掃除したり、洗車したり、余裕があればワックスがけもするとなお良し。どうせ売るのだからと手を抜かずに、少し手をかけるだけで交渉もスムーズになる。

2、必要なものを準備する

売り手買い手とは言っても、結局は人と人とのやり取りになる。そのため、相手に良い印象を持ってもらうことも、交渉を成功させるための秘訣だ。

トラックを売却するのには、複数の書類が必要となる。この準備が正直面倒くさいのだが、これをしっかり整えておくと買取業者からの印象は良い。トラックの年式や走行距離なども把握しておき、質問にスムーズに答えられれば、こちらの要望も言いやすくなるはずだ。

3、いくつかの業者を比較する

まずはいくつか気になった業者に相見積もりを取ると良い。値切りのテクニックとして「○○はこれより安かった」という台詞があるが、トラック買取でも同じ手法を使うことができる。

いくつかの業者を比較検討し、嫌な客にならない程度に、うまく駆け引きをしてみて欲しい。

買取交渉に遠慮は無用。恥ずかしいというプライドは捨てて本音で相談すれば、思っていた以上の高値で買い取ってもらえるということも夢ではない。

首都圏で買取査定額UP!トラックの正しい洗車方法

トラックの買取審査基準にボディなどの汚れは含まれないので、そういう意味では洗車したところで買取価格には影響しないだろう。しかし、きれいな状態になっているということは、それだけトラックが大切に使われていたということ。

査定員も好印象を感じ、「大切なトラックならしっかり査定したい」と思うのが人情だ。少しでも買取査定額をUPさせたいなら、きちんと洗車して査定前に挑もう。

最も目につく外装の洗車のポイント

(1)ホースや洗車ガンで水洗い

まずはホースか洗車ガンを使って車全体についた泥などの汚れを落とす。

キャビンだけではなく、ドア、バンパー、タイヤ周り、天井など、すべてをくまなく洗おう。上から下へ水をかけると、より汚れが落としやすい。

(2)車体、タイヤ、ホイールをカーシャンプーで洗車

スポンジにカーシャンプーをつけてよく泡立て、車体全体を洗う。

車体を傷つけないよう、こすりすぎないようにしよう。水洗い同様、上から下へと洗う。

その後、タイヤとホイールは、ブラシにカーシャンプーをつけて、細かい部分も意識しながら洗おう。

(3)泡を洗い落とす

ホースか洗車ガンで泡や汚れを洗い流す。

この手順で丁寧に洗車すれば、大抵の汚れはとれて、かなりピカピカになる。

さらに、ワックスをかけ、小キズ消しを使って小さなキズを消しておくと、大切にされてきたトラックという印象になるだろう。

残念ながら、自分で手をかける時間がないという場合は、ガソリンスタンドの大型車用洗車機を使うのもよいだろう。1回1,000円~2,000円で洗車可能。

いつもより念入りな室内清掃のポイント

(1)車内の荷物は全部出しておくこと

トラックの場合、どうしても車内の荷物が増えてしまうが、車内が荷物でいっぱいになっていると印象は良くない。売るとなると当然荷物はすべて出すことになるが、査定の際に中をしっかり見てもらうという意味でも、荷物はすべて出して掃除機をかけよう。

(2)中性洗剤を使ってフロアマットを洗浄

タワシかブラシに中性洗剤をつけて、フロアマットを洗った後、よくすすいで、乾かす。

(3)シートの染み抜き

シートはシミがついてしまっていることもあるので、その際はできる限りシミ抜きをしておこう。落ちやすいシミなら蒸しタオルで、しつこいシミなら市販のシートクリナーを利用するとよいだろう。

(4)ガラスクリーナーで窓掃除

見落としがちなのがガラス拭き。特に喫煙者の場合、思ったよりも汚れているものなので、ガラスクリーナーできれいにしておこう。

(5)ダッシュボードの清掃

飲み物や食べ物などで案外汚れてしまっているのがダッシュボード。

薄めた中性洗剤をつけた雑巾などで拭きあげておこう。

(6)室内の臭いには要注意

ずっと乗っている本人は気にならないが、他人にとっては車内の臭いはかなり気になるもの。特に、喫煙者や強い香りがするものを普段身につけている人の場合、査定前に脱臭しておくほうがよいだろう。

最近では布に染みこんだ臭いを脱臭する消臭剤もあるので、そうしたものを利用するのがおすすめ。

16社に依頼!トラック買取業者見積価格ランキング