【首都圏版】俺のトラック高く買え! ウイング・冷凍・バン買取業者をランキング!!
俺のトラック高く買え!買取業者ランキング!! » 運送業者必見!損しないトラック売買術 » トラック買い替え時期の正解はいつなのか

トラック買い替え時期の正解はいつなのか

トラックを売却する際は、買い替え時期を見極めることが最も重要だ。

トラックは普通車に比べて長く乗ることができるし、「命が尽きるその時まで…」とまだ動くことを理由にボロボロになるまで乗り続けてしまうという人も多いだろう。しかし買い替えのタイミングを間違えると、買取価格がガクッと下がってしまい、後々後悔することになる。

つまり高く売れる早い時期に売ってしまい、次のトラックを買い替える費用にあてるのが賢いやり方。そのタイミングを見極めるための目安を紹介していこう。

トラックの寿命はどれくらい?

トラックは普通乗用車よりも寿命が長いのが特徴だ。メンテナンスや修理もしやすく、部品交換も比較的簡単なため、長く乗り続ける人が多い。定期的にメテナンスをして丁寧に扱っていれば20年以上は持つと言われている。

寿命の目安は20年だがそれは買取の需要とは異なる。トラックは11~15年目にかけて色々な不具合が出てくるようになり、買取評価もどんどん下がる。さらに乗り続けるには修理費用がかさんでしまうため、止むなく廃車を選んだという話しもよく耳にする。

1番良い買い替えのタイミングは7年

説明したとおり、使用期間11年以上のトラックの価値は急激に下がる。それならばギリギリの10年までは乗ってやろう!と思うのが普通だが、そこには落とし穴がある。

トラックを高額で買い取ってもらうなら使用期間7年がベストだ。これには、メーカーのモデルチェンジが行われる時期が関係している。

商用車であるトラックは、大体7~8年おきにフルモデルチェンジが行われる。古いモデルは一気に価値が下がり、買取額も右肩下がりとなってしまうのだ。

トラックをできるだけ高く売りたいなら、10年目まで粘っていては遅い。6~7年に1度のペースで買い替えるのがベストだろう。

買い替え時期を相談できる業者を選ぶ

買い替えのタイミングを間違えると買取価格が大幅に下がるだけでなく、新しくトラックを購入する際の負担額も増えてしまう。

ギリギリまで乗ってパーツだけを売却するというのも手だが、やっぱりその辺りの見極めはプロに相談するのが1番だ。そろそろ買い替えの時期かなと考えているのであれば、しっかり話を聞いてくれる買取業者に相談してみると良いだろう。

16社に依頼!トラック買取業者見積価格ランキング