【首都圏版】俺のトラック高く買え! ウイング・冷凍・バン買取業者をランキング!!
俺のトラック高く買え!買取業者ランキング!! » 運送業者必見!損しないトラック売買術 » トラック買取業者のうざい営業電話への対抗策

トラック買取業者のうざい営業電話への対抗策

トラック買取業者の中には悪質な輩もいる。おれもうざい営業電話に散々イライラさせられ、こいつらには絶対に騙されまいと心に決めた。

ここでは、悪質な業者を見極めるコツと、しつこい営業電話を黙らせる対策を伝授したい。

しつこい・うざい営業電話をきっぱりやめさせるには

この業界にいれば、営業の電話が煩わしいと思ったことが必ず1度はあることだろう。こちらから相談したことはないのに、「売りたいトラックはありませんか?」と電話をかけてくる。しかも、ちょうど昼時なんかを狙ってくるからタチが悪い。

最初は「結構です」と丁寧に断っていたが、おかまいなし。親父が電話口で怒鳴りつけても、次の日にはまた電話をかけてくる。悪徳業者とは、こちらが思っている以上に強いメンタルの持ち主なのだ。

まずは売りたいトラックはないということをきっぱり伝える。しかし、こちらが何度断ってもしつこくかけてくるという場合は、警察への相談が有効だ。

警察に相談する前に気をつけたいこと

相談する際は、どれくらいの頻度でどんな内容の電話をかけてくるのか、またそれによってどんな被害があったのかを具体的にメモしておきたい。

ただただ「何回も電話をかけてきてうざい」。それだけでは準備不足。それによって事業に対してどんな不利益があったのかを具体的に話せると良い。このご時世、ただのクレーマーと処理されないためには、それ相応の準備が必要なのだ。

また、夜9時以降の営業電話は、悪徳商法被害救済の「特定商取引法違反」にあたるそう。この時間帯に電話がかかってくるというのであれば、法的措置をとることもできる。

営業電話をしてこない優良な会社もあるし、きっぱり断ればもうしつこくかけてこなくなる場合もある。その辺は業者によって本当に様々ではあるが、揉め事はもちろんない方が良い。

警察に相談するということは、こちらもそれなりの労力が必要だ。最終的な手段として、きちんと準備をしてから相談するということを頭に入れておこう。

16社に依頼!トラック買取業者見積価格ランキング