【首都圏版】俺のトラック高く買え! ウイング・冷凍・バン買取業者をランキング!!
俺のトラック高く買え!買取業者ランキング!! » バントラックの買取価格・相場を調べつくし! » 日野自動車

日野自動車

日野自動車のバントラックの買取事例

買取業者ホームページに掲載されている買取事例をまとめてみた。相場の参考にしてほしい。

  • デュトロ

    日野ウイング_栗山自動車03

    引用元:栗山自動車工業 https://www.kuriyama-truck.com/kaitori/

    BDG-XZU414M

    平成20年・15万km

    買取金額

    130万円

    業者

    栗山自動車工業

  • プロフィア

    バン_日野プロフィア公式サイト

    引用元:日野自動車 http://www.hino.co.jp/profia/

    KL-FN2PYHA

    平成15年・23万km

    買取金額

    92万円

    業者

    トラック堂

バン買取業者おすすめを見る

日野自動車とは

日野自動車は、トラックやバスの製造・販売を手掛けている日本の自動車メーカー。商用車を通じて、「人、そして物の移動を支え、豊かで住みよい世界と未来に貢献する」ということを理念に、現在では世界を舞台に活躍する会社だ。

高い技術力を持ち、国内普通トラック販売シェアは43年連続1位。また、世界一過酷なモータースポーツ競技ともいわれているダーカルラリーでは、26回連続完走を達成している。

日野自動車のバントラックの特徴

最大の特徴はエンジン。エンジンの馬力は国内でもトップクラスで、技術面も高く評価されている。それに加えて、エンジンの故障もほとんどないといっても過言ではない。メンテナンスに費用がかからないので、運送業界でも人気は絶大だ。

その人気は国産の商用車メーカーでトップと言っても良いほど。日野のトラックは全国各地にディーラーがいるので、手に入れやすいという点でも評判が良い。

車体の価格はやや高めだが、ランニングコストがあまりかからないことを考えると、トータル的には他メーカーと大きな差はないだろう。

デュトロ

最大積載重量2~3tの小型トラック。荷台がわずか780mmという低床設計なので、荷物の積み下ろし作業が楽というのが特徴だ。

ボディの換装とエンジンの種類が豊富なことも魅力と言える。

レンジャー

積載重量は4t~11.5tまで対応。デュトロと同じように、キャブサイズやボディサイズが豊富で幅広いニーズに対応できる車種が揃っている。

2004年にマイナーチェンジを行い、その後もほぼ毎年改良が加えられている燃費性能や積載能力など、多方面で高い評価を得ているのが特徴だ。

プロフィア

2017年に全面改良した日野を代表する大型トラック。内装・外装ともに一新し、燃費も向上している。

従来から標準整備していた安全装備をさらにワンランクアップ。衝突被害軽減ブレーキは歩行者と停止車両を検知して衝突を回避できる。

スーパードルフィン

日野自動車が以前販売していたプロフィアの前モデル。車名の“ドルフィン”には、イルカのような理知的な機能とスタイリッシュなデザインを兼ね備えているという意味があるそう。

16社に依頼!トラック買取業者見積価格ランキング