【首都圏版】俺のトラック高く買え! ウイング・冷凍・バン買取業者をランキング!!
俺のトラック高く買え!買取業者ランキング!! » バントラックの買取価格・相場を調べつくし! » マツダ

マツダ

マツダのバントラックの買取事例

マツダのバントラックの買取事例を掲載している業者はなし。このサイトでは、他のメーカーの買取価格などを全16社において調査した結果わかったおすすめ業者を掲載しているので、参考にしてほしい。

バン買取業者おすすめを見る

マツダとは

マツダの社名は、創業者の松田重次郎氏の名前から付けられたと思われていることが多いが、実は他に由来がある。西アジアの発展とともに誕生したアフラマズダーという神にちなんでいるのだ。

なんでも、東西文明の象徴として、自動車業界を引っ張っていきたいという思いを込めて名付けられたらしい。

マツダのバントラックの特徴

運送業界の中で支持率が高いのがマツダのトラックだ。

普通免許で運転できるトラックが多いため、初心者でも快適に運転できるかどうかを重視した内装に力を入れている。

エンジンはガソリンエンジンとクリーンディーゼルの2種類。クリーンディーゼルはヨーロッパを走る車は実は約50%がディーゼルエンジンを搭載した車。日本でもどんどん市場が拡大している。

タイタンダッシュ

最大積載量1t~1.5tのマツダの小型トラック。2000年より製造されており、2010年に販売を終了している。

キャブオーバー型商用バン、ボンゴのプラットフォームから作られており、タイタンダッシュの前のモデルはボンゴブローニイトラックと名付けられていた。

ボンゴ

最大積載量0.9~1tの小型自動車枠トラック。現行車は1999年に発売され、当時は日産・三菱の2社にOEM供給を行っていた。

エンジンを座席下におたキャブオーバー型。グレードはDX・GLの2種類だが、ボディのバリエーションがかなり豊富なところが特徴だ。

ボディは850kgから1tまで最大積載量が形状によって異なるので、さまざまなニーズにあわせて選ぶことができる。

タイタン

トラックの力強さを表すため、巨人を意味するタイタンという名前が付けられた。現在のタイタンは6代目だが、5代目以降はいすゞで開発・製造されたエルフのOEM供給を受けている。

バリエーションが豊富で、普通免許で運転できる最大積載量1.5tのものから、中型免許証を必要とする最大積載量3.5tのものまで幅広い。

16社に依頼!トラック買取業者見積価格ランキング