【首都圏版】俺のトラック高く買え! ウイング・冷凍・バン買取業者をランキング!!
俺のトラック高く買え!買取業者ランキング!! » バントラックの買取価格・相場を調べつくし! » トヨタ

トヨタ

トヨタのバントラックの買取事例

買取業者ホームページに掲載されている買取事例を掲載。1件しかなかったが、参考にしてほしい。マツダのバントラックの買取事例を掲載している業者はなし。このサイトでは、他のメーカーの買取価格などを全16社において調査した結果わかったおすすめ業者を掲載しているので、そちらも見てみてくれ。

  • ダイナ

    トヨタバン_栗山自動車

    引用元:栗山自動車工業 https://www.kuriyama-truck.com/kaitori/

    KK-XZU341

    平成14年・28万km

    買取金額

    61万円

    業者

    栗山自動車工業

バン買取業者おすすめを見る

トヨタとは

おなじみ日本を代表する大手自動車メーカーだ。日本全国に200社以上の販売店をかまえている。

トヨタの自動車製造は1935年に開始された。製造を開始してから約2年後、トヨタ自動車工業株式会社として新会社を発足。勘違いされていることも多いが、トヨタの社名は、愛知県豊田市からとったのではなく創業者である豊田佐吉の名前からつけられている。

ちなみに愛知県豊田市は、1959年にトヨタにちなんで拳母市から豊田市に変更されたという経緯がある。トヨタ自動車がその地域の中心となっているということがうかがえる。

トヨタのバントラックの特徴

トヨタと言えばハイブリッド技術の研究・開発が目覚ましい。開発されたエンジンが生かされているため、ディーゼルながらも燃費の向上を実現している。

また、2ペダルの5速AMTを採用しており、エンジンと駆動用のモーター兼発電機の間にクラッチを起き、モーターのみでも走行が可能だ。

トヨタの製品は故障やトラブルが少ない。車体価格は他と比べて少々高めという声もあるが、ランニングコストを考えれば最初に費用をかけても損はないだろう。

全国280店舗という販売店の多さから、購入後のアフターフォローも安心だ。トヨタ製という知名度の高さと安心感から、売却の際も高額査定が期待できる。

ダイナ

ダイナの社名の由来は、活動的なという意味の「ダイナミック」から採られている。あちこちを軽快に走り回るバントラックにぴったりの名前だ。

ちなみに、現行車の8代目は日野自動車からのOEM供給車である。

ダイナは、かゆいところに手が届く機能性の高さでも評判だ。エンジンだけでも、ディーゼル・ガソリン・ハイブリッドと3種類用意している。

また、高性能ディーゼルエンジンに加え、進化したクリーンディーゼルテクノロジー「DPR」を採用。「DPR」は、エンジンから排出される粒子状の物質をフィルターによってろ過する排気ガスの浄化装置だ。

機能面だけでなく環境面にも配慮された、隙のない小型トラックと言えそうだ。

16社に依頼!トラック買取業者見積価格ランキング