【首都圏版】俺のトラック高く買え! ウイング・冷凍・バン買取業者をランキング!!
俺のトラック高く買え!買取業者ランキング!! » ウイングトラックの買取価格・相場を調べつくし! » いすゞ

いすゞ

いすゞのバントラックの買取事例

買取業者ホームページに掲載されている買取事例をまとめてみた。相場の参考にしてほしい。

  • ギガ

    いすゞウイング_栗山自動車01

    引用元:栗山自動車工業 https://www.kuriyama-truck.com/kaitori/

    PDG-CYJ77W8

    平成21年・22万km

    買取金額

    745万円

    業者

    栗山自動車工業

  • フォワード

    いすゞウイング_栗山自動車02

    引用元:栗山自動車工業 https://www.kuriyama-truck.com/kaitori/

    PDG-FRR34T2

    平成22年・66万km

    買取金額

    352万円

    業者

    栗山自動車工業

  • フォワード

    いすゞウイング_栗山自動車03

    引用元:栗山自動車工業 https://www.kuriyama-truck.com/kaitori/

    PDG-FRR34T2

    平成20年・54万km

    買取金額

    270万円

    業者

    栗山自動車工業

16社に見積もり依頼!ウイング買取価格No.1業者は

  • ギガ

    ウイング_いすゞギガ公式サイト

    引用元:いすゞ http://www.isuzu.co.jp/product/giga/

    PJ-CYJ51W5A

    平成16年・42万km

    買取金額

    530万円

    業者

    トラック堂

  • エルフ

    ウイング_エルフ特設サイト

    引用元:引用元:エルフ特設サイト https://www.isuzu-elf-no1.jp/

    BKG-NPR85AN

    平成20年・25万km

    買取金額

    230万円

    業者

    トラック堂

  • フォワード

    ウイング_いすゞ公式サイト

    引用元:いすゞ http://www.isuzu.co.jp/product/forward_post/

    PKG-FSR32T2

    平成22年・6万km

    買取金額

    495万円

    業者

    トラック堂

いすゞとは

創業は1916年。株式会社東京石川島造船所と東京瓦斯電気工業株式会社が自動車製造を始めたことに端を発し、国内の自動車メーカーの中で最も古い歴史を持っている。現在はトラックやバスなどの商用車両を製造している自動車メーカーだ。

その社名は、伊勢神宮の五十鈴川にちなんでいる。昭和24年に商用と社名を統一するため、「いすゞ自動車株式会社」とし現在に至る。

いすゞのバントラックの特徴

いすゞ自動車製のトラックは、値引き幅が大きく、購入価格を抑えられるところが魅力的。中小企業など、コストパフォーマンスを重視する会社に選ばれている。

しかし実はコストが抑えられている分、故障率が高いという声も。初期費用が抑えられても、ランニングコストがかかってしまうのが難点ともいえる。

また、ディーゼルエンジンの技術開発にとても力を入れている。エンジンの振動や騒音が少ない。この技術力が海外からも評価され、東南アジアを中心とした需要はトヨタとも並ぶほどだと言われている。

印象的なテレビCMのおかげで認知度が高く、小型トラックのエルフはシェアトップといっても過言ではない。

エルフ

1959年発売。1960年には小型トラックの中でも日本で初めてディーゼルエンジンを搭載した。日本の小型トラックを牽引し、2004年には生産累計台数400万台を達成している。

フォワード

1966年にTYという車名で発売されてから、1970年に現在の車名のフォワードになった。

1998年、1999年とモデルチェンジを続け、2007年にはフルモデルジェンジを実施。中型トラックとして性能を高めて、輸送環境の変化にも対応している。

ギガ

1944年に登場したいすゞの大型トラック。日本発の4バッグエアサスペンションを採用し、ギガマックスとして発売した。ミリ波レーダーによる新しいサポート技術の「VAT」を搭載。安全性がより高まっている。

16社に依頼!トラック買取業者見積価格ランキング